フランス菓子の世界へようこそ!

Bienvenue dans le monde de la pâtisserie française !

ガトーショコラ、シュークリーム、タルト、マカロンなど、日本では昔から愛されているフランス菓子(パティスリー)が存在します。フランス菓子業界は、才能あるパティシエ、熱心な愛好家、メディアなどの影響によって、常に注目を集めています。美味しさだけでなく、見た目の美しさからも多くのファンを集めることが新たなトレンドとなっています。コンビニエンスストアやスーパーには手軽な価格のパティスリーが豊富に並び、品質も非常に高く、身近な存在として確立されつつあります。しかしながら、職人が食材にこだわり、一つ一つ手作りしたパティスリーの味は別格です。家族や友人と過ごす大切な時間を美味しく彩る本物のパティスリーをお愉しみいただく、そんな機会をご提案いたします。

gateau_chocolat_2_edited_edited.jpg

「フランス パティスリーウィーク」は、今年10周年を迎える日本最大級のレストランイベント「フランス レストランウィーク」の姉妹イベントです。7月2日(金)から18日(日)まで開催の第一回フランス パティスリーウィーク2021では、東京圏でご活躍中の51人のパティシエにご参加いただき、統一のテーマ「パリ・トーキョー(パリ・ブレスト)」のテイクアウトまたはイートイン販売を通じて、お菓子好きの皆様にフランス菓子の魅力を再認識いただく同時に、パティシエの皆様の素晴らしい仕事がより一層注目を集める機会となることを願っています。

ぜひ、お近くの参加パティスリーで、パティシエの創造力とプロのテクニックによって昇華されたオリジナリティあふれる「パリ・トーキョー(パリ・ブレスト)」をお楽みください。

フランス パティスリーウィーク アドバイザー、フランス菓子研究家大森由紀子さんからのあいさつ

昨年は、コロナ禍で開催を断念したこの企画ですが、実はそんな心配は必要としなかったくらい、人々はパティスリーに幸せを求めて訪れました。多くのパティシエたちが、この職業に就いて心から良かったと言います。そんな彼らが今回、自慢のパリ・ブレストを作ってくれます。パリ・ブレストは伝統菓子故、どんな時代でも作り続けられるお菓子ですが、時代や作り手によって変化を遂げていきます。昨日よりは今日、今日より明日と美味しいお菓子を作る努力を続けるパティシエたちが、どんなパリ・トーキョー(パリ・ブレスト)を披露してくれるか楽しみです。

【大森由紀子】

フランス菓子・料理研究家。本イベントには、パティスリーと皆様をつなぐアドバイザーとして参画。

この秋「フランス食事典(仮タイトル)」出版予定。