フランス パティスリーウィークの楽しみ方

Participer à la France Pâtisserie Week

PNG5.png

公式サイトの「参加店一覧」ページ又はインスタグラムでお店をチェックする。

PNG6.png
PNG7.png

営業時間やアクセスを確認して、

お店へ行く。

​購入又はイートインでテーマパティスリーを楽しむ。

PNG1.png
PNG3.png
PNG4.png
PNG2.png

十人十色の「パリ・トーキョー」を食べてみましょう!

Mille et un "Paris-Tokyo" à découvrir !

7月2日~18日までの17日間、各参加店では日本とフランスの架け橋となる願いをこめた2021年のテーマパティスリー「パリ・トーキョー」(Paris-Tokyo)が販売されます。

テーマパティスリーの起源である「パリ・ブレスト」(Paris-Brest)は、1891年にパリからフランス西部に位置するブレストまで往復する1,200キロの自転車レース「パリ・ブレスト・パリ」の開催を記念し、自転車の車輪の形から発想を得て考案されたフランス菓子として知られています。このお菓子の考案者は、レースの沿道にあった菓子店メゾン・ラフィットの職人で、サイクリング好きのルイ・デュラン氏だと考えられています。

Paris-Brest-Paris.jpg
Charles_Terront,_vainqueur_de_Paris-Bres
france_map.png
paris_brest_illustation_rouge.png

クラシックなパリ・ブレストは、リング状に焼き上げたシューを真横に切り分け、プラリネを加えたアーモンド風味のバタークリームを間に挟みますスライスしたアーモンドをトッピングし、その上から粉砂糖が振り掛けられています。一人用の小さなサイズのものから、家族で楽しめる大きなパリ・ブレストもあります。

paris_brest_map.png

本イベントに参加いただくパティシエはクラシックなパリ・ブレストのレシピや形からインスピレーションを湧かせ、オリジナルのパティスリー「パリ・トーキョー」を創作します。開催期間にしか食べられない、各パティシエの想いが詰まった、十人十色の「パリ・トーキョー」をお楽しみください。

※価格は店舗により異なります。

※店舗により個数限定商品がございますので、予めご了承ください。

The Strings Omotesando_PT (2)-2.jpg
EST_PT (1)-2.jpg
Patisserie Bigarreaux_PT (2)-2.jpg
Palace Hotel Tokyo_PT-2.jpg
Lecomte_PT-2.jpg
Dalloyau_PT (1)-2.jpg
En Vedette_PT.jpg
A tes souhaits_PT-2.jpg
Asterisque_PT-2.jpg
Patisserie Tadashi Yanagi_PT (1)-2.jpg
Passion de rose_PT-2.jpg
Oakwood_PT (1)-2.jpg
Grand Hyatt Tokyo_PT-2.jpg
La Vie Douce_PT (1).JPG
lanoboutique-2.jpg
Criollo_PT (2).jpg
Esterre_PT-2.jpg
Toshi Yoroizuka_PT-2-2.jpg
Occitanial_PT-2.jpg
Patisserie du Chef Fujiu_PT (1).jpg
Le Coin Vert_PT (2)-2.jpg
Hotel New Otani_PT-2.jpg
LCAD_PT (3)-2.jpg
camelia6-2.jpg
Eclat des jours_PT-2.jpg
Au petit matin_PT (1)-2.jpg
Addict au sucre_PT-2.jpg
Amitie Kagurazaka_PT (3)-2.jpg
Patisserie Caroline_PT (2)-2.jpg
Patissier Shima_PT-2.jpg
Pierre Gagnaire_PT (1)-2.jpg
Paris Pen Tokyo1_low-2.jpg
Patisserie Yu Sasage_PT.jpg
Gruneberg_PT-2.jpg
Ease_PT.jpeg
Beige Alain Ducasse Tokyo_PT.jpeg
ANA Intercontinental Hotel Tokyo_PT (4).
Avranches Guesnay_PT (4).jpg